小諸市観光案内所 電話:0267-22-0568 営業時間:4月〜11月 9:30~17:30 / 12月〜3月 9:30〜16:30

浅間山の楽しみ方
How to enjoy

浅間山の楽しみ方

浅間山を楽しむ おすすめコース 浅間山トレッキングガイド

噴火警戒レベルにより立入可能範囲が異なる浅間山。警戒レベル1の時しか登れない「浅間山・活火山体感コース」、警戒レベル2でも気軽に絶景を楽しめる「お手軽絶景コース」、浅間山の魅力を存分に楽しむ「いいとこどり縦走」など、多彩な楽しみ方ができます。何度も訪れて、季節ごとに姿を変える山容を楽しむのもおすすめです。

Course1浅間山・活火山 体感コース[ 噴火警戒レベル1で登山可能 ]

MAP
浅間山・活火山 体感コース

「噴火警戒レベル1」の時だけ楽しめる、火山の荒々しさを存分に体験できるコース。アルペンムードたっぷりの切り立った「トーミの頭」を見ながら、荒涼とした砂と岩の世界を進み、浅間山火口に最も近づける「前掛山」山頂を目指します。

  • コース詳細
    ルート 浅間山登山口(天狗温泉浅間山荘)→
    火山館→賽の河原分岐→前掛山(往復)
    歩行時間 約6時間40分
    高低差(片道) 約1,100m
  • 断面図
    断面図
MAP[A]イメージ

MAPA前掛山から浅間山火口を望む

MAP[B]イメージ

MAPB前掛山から嬬恋方面(大山主任撮影)

MAP[C]イメージ

MAPCシェルターから前掛山

MAP[D]イメージ

MAPD槍ヶ鞘の絶壁

MAP[E]イメージ

MAPEカモシカと遭遇

MAP[A]サムネイル

A

MAP[B]サムネイル

B

MAP[C]サムネイル

C

MAP[D]サムネイル

D

MAP[E]サムネイル

E

POINT
  • 「かもしか平」などで、運が良ければカモシカに出会えます。(写真E)
  • コース途中、火山館で使う薪が設置されています。余裕があれば火山館まで荷上げすると喜ばれます。

Course2お手軽絶景コース[ 噴火警戒レベル1または2で登山可能 ]

MAP
お手軽絶景コース

浅間山の外輪山の最高地点、「黒斑山」へ登頂するコース。「槍ヶ鞘」からは、「トーミの頭」の大迫力の絶壁を見ながら進み、雄大な浅間山と、足元に広がるカルデラ地形を楽しめる絶景の「黒斑山」山頂を目指します。

  • コース詳細
    ルート 黒斑山登山口(車坂峠)→トーミの頭→
    黒斑山(往復)
    歩行時間 約3時間10分
    高低差(片道) 約400m
  • 断面図
    断面図
MAP[A]イメージ

MAPAトーミの頭と浅間山

MAP[B]イメージ

MAPB浅間山が見えてきた

MAP[C]イメージ

MAPC日没後の冬浅間

MAP[D]イメージ

MAPDトーミの頭から黒斑山

MAP[E]イメージ

MAPEヒョウモンチョウ(清水撮影)

MAP[A]サムネイル

A

MAP[B]サムネイル

B

MAP[C]サムネイル

C

MAP[D]サムネイル

D

MAP[E]サムネイル

E

POINT
  • シェルター手前で浅間山が見える瞬間が感動的です。(写真B)
  • 手軽に絶景を楽しめるコースであり、天候に気を付ければ、冬山初心者でも十分に楽しめます。

Course3いとこどり縦走コース[ 噴火警戒レベル1または2で登山可能 ]

MAP
お手軽絶景コース

2つの登山口を結ぶJバンド縦走登山で、黒斑山と火山館コースのいいとこどりコース。「黒斑山」へ登頂後、外輪山の稜線を通って「Jバンド」から「湯の平」に下り、火山館を経て「天狗温泉浅間山荘」に向けて周遊します。進むほど大きく迫る浅間山や、箱庭のような「湯の平」、浅間山と断崖絶壁の外輪山に囲まれる絶景など、変化に富んだ登山を楽しめます。

  • コース詳細
    ルート 黒斑山登山口(車坂峠)→トーミの頭→
    黒斑山→Jバンド→火山館→
    天狗温泉浅間山荘(浅間山登山口)
    歩行時間 約5時間30分
    高低差(片道) (~黒斑山)約400m
    (黒斑山~)約1,000m
  • 断面図
    断面図
MAP[A]イメージ

MAPA賽の河原の黄葉

MAP[B]イメージ

MAPB鋸岳から浅間山

MAP[C]イメージ

MAPCJバンド下降

MAP[D]イメージ

MAPDJバンドから湯の平

MAP[E]イメージ

MAPE火山館から牙山

MAP[A]サムネイル

A

MAP[B]サムネイル

B

MAP[C]サムネイル

C

MAP[D]サムネイル

D

MAP[E]サムネイル

E

POINT
  • マイカーの場合、高峰高原ビジターセンターから天狗温泉浅間山荘への「浅間山縦走マイカーお届けサービス」を利用すると便利です。(利用しない場合、自動車が2台必要です)
  • Jバンドをすぐに下らず、鋸岳まで足を延ばすのがおすすめ。火山を感じる赤い鋸岳に加え、浅間山の北斜面を下った溶岩流の跡を見ることができます。(写真B)
  • 特に紅葉の秋に縦走すれば、鮮やかな絶景を満喫できます。